宇宙が味方する経営



宇宙が味方する経営

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 1,680 (消費税込)


経営の本というよりは精神世界の本です。
「私は経営には理念が大事であり、理念の実現が経営であると考えているからです。」

現在の関西アーバン銀行を作った方がおっしゃられると説得力があります。
著者はキリスト教の洗礼を受けているだけあって、それに立脚した教えを展開していますが、そのエッセンスは学びを多く与えてくれました。

経営の本というよりは精神世界の本として読むほうがあってると感じました。

内容は画期的で素晴らしいが注意が必要
書いてある内容は『極めて普遍的であると同時に、心の向かう方向を指し示してくれる本』である。
・・・にも関わらず、読後感があまりすっきりしないことも事実。「著者 = 敬虔なキリスト教徒」であり、「キリスト教を押しつける感触が強い」ことが原因。同じキリスト教徒であっても、李登輝とは相当に違う感触である。
「心の問題」が実社会(著者は関西アーバン銀行頭取である)で、大いに役立つこと「だけ」を習得できる人にはとてもお勧め。「宗教臭が気になる人」には不向きな本。
ご自分のタイプを見極めて、読んでほしい。私は役立つことが多かったことも附記したい。

ベールの下に何があるのか?
著者も苦労されて頭取までなられたと思いますが、その過程・現在の銀行経営について
あまりに省略されていて本当に「宇宙が味方する経営」なのか実証に足りないと思います。
顧客や社員がそれを感じられるようなことがあるのでしょうか?
ご自分のことより地域の顧客や社員のことに重点を置いた著書を
次回は期待しています。

「解釈力」を示唆してくれる本
普通のビジネス書籍とはずいぶん趣が違います。伊藤氏は、自身の成功の理由を「神の導き」と語っています。比喩で言うのではなく、宗教観や聖書中の言葉などを盛んに語っており、それを信じて歩めば、宇宙の摂理が自然と成功へと導いてくれるのだ、ということのようです。

相当に大胆な経営論と言うべきでしょうか。人によっては、精神論にすぎない、と思うかもしれません。が、私が本書を読んで思ったのは、そのような伊藤氏のある種の「解釈力」、世の中や人間や人生を解釈する力の豊かさこそが、「現実的に」、関西アーバン銀行の再生を可能にしたのに違いない、ということです。

いかに高邁な理想や、優れた戦略やビジネスモデルがあっても、それを信じて実行しなければ現実は動かない。それはもちろん信仰とは異なりますが、信仰に似ているものでもあります。「これは自分の使命なのだ」とか「お客様のために尽くすことが良い結果につながるのだ」と信じて突き進む、その決意や勇気の根底に、氏のそうした世界観や人生観といったものがあるのではないか、と感じました。

普段、論理による解釈に慣れきっている私たちに、別種の解釈力の存在と、その強さを示唆してくれる一冊です。


評価が難しい
著者の宗教観が延々と綴られています。
経営と運やツキとの関係性みたいなものを
期待して読んだのですが、
経営については殆ど触れられていません。




リーダーのための実践する経営―「経営」というオンリーワンの仕事を体系的に理解する (実日ビジネス)

国際結婚残酷物語―中国のど田舎に嫁いだ私

食べてキレイにやせる酵素ダイエット (講談社プラスアルファ文庫)

撃退!―ストーカー、通り魔、痴漢、盗難・女性のための防犯マニュアル

ひとりでできる 3分間ツボ&リンパマッサージ こり、痛みからだの不調を改善!

宇宙が味方する経営

実践!セルフ・リフレクソロジー&アロマセラピー―1人・2人で楽しむフットマッサージ

これ以上やさしく書けない金投資入門―“2000ドルへの大相場”をとらえて資産を殖やそう! (実日ビジネス)

エコロジーショップの働きかた―GAIAという仕事場 (シリーズこんな仕事したかった)

白いおばけのスー―親子で学ぶ防犯絵本

最新ブログ ブログ2












Ads by Sitemix